人気ブログランキング |

誰だって最初は「にわか」

おはようございます、中村です

何やらTwitterで見つけたのですが、
今回のラグビー日本代表の快進撃を受けて、
「にわかファン論争」がされているようですね
今日はこの「にわかファン」について話します

今日一番言いたいことは、
「誰だって何事も最初はにわかだし、素人」だということです
たまたま好きになる或いは興味を持つタイミングが遅かっただけのこと
やっちゃいけないのが「自分たちは古参、にわかは黙ってろ」みたいに、
新規ファンを寄せ付けようとしない古参(笑)ファンを気取ることです
確かに無名の昔から応援していたチームやグループが、
どんどん一般的に浸透していく時の物悲しさというのも分かります
けれどいいですか?これだけは覚えておいてほしいです
それは、「どんなコンテンツも新規ファンが大きくする」ということです
バンドなんか一番分かりやすい例じゃないですか?
自分もやっていた経験があるので分かるのですが、バンドをしていると
とにかく多くのお客さんに来てもらう必要があるんです
ライブは出演者に「ノルマ」が課せられており、チケットを買ってくれる自分のファンが
目標人数に達しなかった場合、出演料を自腹で払わなくてはなりません
売れないしいつまでもバイト掛け持ちでずっとお金がないってバンドマンは、
この泥沼にハマっているんですよね^^;
だから、いかに新しいファンについてもらうかってのは常に考えなくてはなりません
そしてどんどん売れていくことで、本来自分たちが本当にやりたかったことが
出来るようになっていく
そういう仕組みになってます

しかし、バンドファンもやはり「にわかファン」には結構冷たい風潮があります
「自分たちは無名からずっと応援してるんだから」とドヤる
そして古参にしか分からないような「ルール」を勝手に作ってさらに敷居を高くする
そういうのがバンド側にとっては一番迷惑なんですよね^^;
私もメジャーになる前から知ってて、応援したいバンドは逆に布教しますね
多くの人に聴いてもらって良さを分かって欲しいですから^^

ですから今回のラグビーから好きになった人たちも、
これを機にどんどんハマってもっと詳しくなっていけばいいと思います
ラグビーの知名度やルールの一般浸透度はまだ高いとは言えないと思います
ですので、胸を張ってオタクになりましょう!

# by neon37564 | 2019-10-21 08:22 | 考え方 | Comments(0)

カレーは悪くないだろ^^;

おはようございます、中村です

今、世間で話題の神戸教師いじめの件
この件を知った時、本当に失笑しましたね・・・w
子供を教育する立場の教師が、子供のやるようないじめを行う
しかも年齢層を見ると、犯行側は30代以上じゃないですか^^;
いい年した大人が何やってんだか、馬鹿馬鹿しい
こういう人たちが生徒間のいじめを見て見ぬふりをして、
「本校にはいじめはありません」とか言ってると思うと虫唾が走ります

しかもこの件を受けての学校側の対策が、
「給食のカレーを中止すること」
・・・もうね、本当に頭が悪いw馬鹿なの?
カレーそのものに問題は全く持ってありませんよ
仮に百歩譲って、激辛で刺激度の高い食べ物であるということは認めましょう
それでも、この件は「それを使っていじめを行う」教師の人格やモラルの問題でしょ?
裁かれるのはカレーじゃなくて教師なんですよ^^;
こんな頭の悪い人たちが学校のトップなんてやってるんですね・・・
誤解がないように言っておきますが、教師全員をディスってるわけじゃないですよ?
今回問題になったこの学校について言ってるんですからね?

いじめ問題については過去にかなりの長文で触れましたが、
この教師たちには猛省してもらって、是非とも「いじめ撲滅」のために
これから身を粉にして尽力してほしいですね^^

# by neon37564 | 2019-10-19 08:08 | 考え方 | Comments(0)

YouTuberを舐めてはいけない

おはようございます、中村です

今日はYouTubeについて話します
今や、子供の将来の夢として憧れられる「YouTuber」
完全にYouTubeの収入のみで生活出来ている人たちのことを指します
私の体感で言うと、2010年代からそういった動きが出てき始め、
今では多くの大手クリエイターが存在していますね
・ヒカキン
・ラファエル
・ヒカル
・はじめしゃちょー
・メンタリストDaiGo
・カジサック(キングコング梶原さん)
などを始めとして、チャンネル登録数が数百人規模のチャンネルも多いですね

しかし、未だにこのYouTubeに対しての世間の目というのは冷ややかなものがあります
実は私もYouTuberという言葉が出てき始めた時は、結構疑問に思ってました
なぜか?当時はまだテレビをよく見ていたからですねw
私がほとんどテレビを見なくなった理由は過去の記事で話しましたが、
世界中から見ても、今やテレビの視聴者はどんどん減ってきています
要因としては、スマホの普及です
スマホ一台であらゆる情報を手に入れられたり、エンタメを楽しめるようになりました
規制やモンスタークレーマーの声が大きくなり、テレビの自由度は無くなっていきます
その点YouTubeでは、それぞれの個性や強みを生かした動画投稿者がたくさんいます
正直、テレビより数十倍面白いです

ではなぜいまいちYouTuberが浸透していかないのか
それは、YouTubeをほとんど見ない層の声が大きいからですね
要するに「慣れていない」んですよ、YouTubeにw
でも考えてみるとテレビもそういう道を辿っていました
昔はテレビの以前に「銀幕」でのエンタメが主流だったのです
2.3時間の映像を皆が見て楽しむ
しかしテレビが普及してきた途端、「たった30分や1時間で何が伝えられるの?」
「俺たちは2.3時間の作品を作り上げているんだ」という声が上がり始めます
しかし時代の流れには逆らえず、銀幕は衰退してテレビに変わっていきます
今、それと同じ現象が起きているんです
テレビが衰退しているのはもう既にご存じかと思いますが、
その媒体がスマホに変わっただけ
それに慣れていないから、「YouTuber?なにそれ^^;」みたいな空気になるんです

ですが、YouTubeで成功するにはかなりの戦略を練らないといけません
私もプライベートでチャンネルを持ってたりするんですが、
チャンネル登録数10人行くのにも、すごく時間がかかります^^;
広告宣伝費として収入を得るには、登録数が1000人に達しないといけません
そこに到達するまでに、多くの人が挫折してしまうそうです
しかもYouTubeはテレビと同じように、視聴者の生活の一部にならないといけません
故に毎日投稿する人も多く、録画から編集まで全部1人で行うことも多いです
それはもう非常に大変ですw
また、・投稿時間はどの辺りが一番見られるのか
   ・途中で離脱されることなく最後までいかに見てもらうか
   ・過去の再生が多い動画と少ない動画では何が違うのか
   ・いかに他の投稿者との差別化が出来ているか
   ・自分のジャンルはブルーオーシャンか
など、色々考えないと結果が出ません
正直、その辺で普通に勤めている大人より遥かに戦略的に考えています
ホント馬鹿に出来ないです

これから時が流れるにつれて、テレビで活躍していた人も
どんどんYouTubeに流れてくることでしょう
メンタリストDaiGoさん、キングコング梶原さん、オリエンタルラジオ中田さん
など、既に成功している「元テレビ」の人は多数います
YouTubeが完全に視聴者を掌握する時代は遠くないと思っています
しかも、来年の「5G」呼ばれる技術変革で、現在の通信速度や処理速度が上がり、
さらに動画が快適に見れる時代がやってきます
皆さんももし特技や、知識が豊富な分野があれば、副業として始めるのも全然アリですよ


# by neon37564 | 2019-10-18 09:37 | 考え方 | Comments(0)

文章力や言葉選びで成果は変わる

おはようございます、中村です

普段「文章」って書いてますか?
また文章を書く中で、或いは人に説明する時にどんな言葉を使ってますか?
最近すごく思うことを今日は書いていきます

①文章力について
このブログを始めて1ヶ月半以上が経過しました
休みの日以外は毎日投稿しています
自分でも正直ここまで続けられるとは思ってもなかったし、
文章を書く習慣が出来て改めて良かったと思っています
小学校の頃から作文は得意で、終業式や始業式などで作文を発表したり、
生徒会役員になる友達の推薦文なんかも書いたりしてました
中学校で初めて書いた小論文も周りが?になってる中、難なく書いてました
中学校から高校にかけては、知り合いの影響で小説を書くようになりました
そう考えると、自分て割と今迄で見ても文章をよく書いてきたんだなと、思ってます
その影響からでしょうか、同年代はもちろん年上の人たちを見ていると、
「文章を書けなくて悩んでいる人」がすごく多く感じます
例えば「仕事をしている理由」何でこのテーマでさえ自分の言葉で表現できないのかと
やはり文章の書き方や、言葉の選び方が分からないのかなって思います
けれど年上の人がそうなっているとちょっと残念な気持ちになりますね^^;
決して私の文章力が優れているというつもりはありませんが、
仕事をしている中でも分かりやすい・読みやすい文章力は重要ではないでしょうか?

②言葉選びについて
これ最近すごく思うことです
文章はもちろん、人に説明する時にどんな言葉を選んでますか?ってことです
これ専門性が高い人ほど多い印象なんですが、
やたらと専門用語を使ったり、意味を知らない人からしたら「はっ?」ってなる
「カタカナ語」を多用することです
同僚や同業者なら会話が成立するかもしれませんが、
その分野に詳しくない人が多く見るであろうSNSにも平気で使ってますよねw
知り合いにPCやネットに詳しい人がいるのですが、
あまりその分野に詳しくない私からしたら、本当に何言ってるか分かりません
専門性の高い人にだけ見てもらえればいいのかな?って思います^^;
私の勉強不足もそうですけど、やはりここでもいかに分かりやすく伝えられるか
というのが問われるのではないでしょうか?
「このくらい知ってるよね?」みたいなマウントを取ってきてるみたいで、
俺はお前より優れている感をヒシヒシと感じます・・・w


文章系に関する何かの本に書いてありましたが、良い文章とは、
「子供でも理解でき、尚且つ説得力のある文章」です
私もブログを書いている中で、長文でも出来るだけ一文を長くしません
その一文一文で言いたいことを完結させています
また、私も専門職で他にも色々な専門用語を知っているのですが、
極力このブログでは「難しい言葉」を使わないようにしています
読みやすさ重視です

言いたいことをまとめると、
「少しは活字に触れろ」ですw

# by neon37564 | 2019-10-17 08:25 | Comments(0)

マルチタスクは体の毒

おはようございます、中村です

皆さんの職場はこんなシチュエーションありませんか?

自分「資料作成しなきゃ!」
上司「ついでにこの書類も修正しといてよ」

自分「書類修正しなきゃ!」
上司「ちょっと緊急で会議するから来てもらっていい?」

みたいな要するに、
自分に振られた仕事をこなしている最中に、別の作業が舞い込んでくること
「マルチタスク」、分かりやすく言うと複数の作業を並行することですね
これをやってしまっている或いはそういう指示をしてくる上司がいる場合、
確実に精神は消耗しますし、集中力が分散するので仕事の能率が上がらず、
結果的にクオリティを上げにくいです

実はこのマルチタスクが頻繁に行われてしまう環境は、
体調不良にも大きな影響を及ぼすんですね
普通に考えて、自分が「今やらなきゃいけないこと」を中断しないといけないって、
単純にストレスでしかないでしょう?
確実に精神的ストレスが蓄積して、消化器系の疾患に繋がるという研究もあります

中には処理能力が高くて複数の作業をササっと捌いてしまう人もいますが、
そんな有能な人は、職場の幹部かそれ以上の役職に就いてることが多いと思います
平の社員にそこまでの処理能力があれば、確実に早く昇進するでしょうしw

基本的にマルチタスクはストレスの原因です
どうしても複数作業を抱えなければいけない場合、優先順位を決めれるようになりましょう

・重要且つ緊急(電話対応・クレーム処理・月末の申請作業など)
・重要だが緊急でない(理念・ビジョン・長期的な目標・その他ストック型の媒体など)
・重要ではないが緊急(わざわざ長時間設ける必要のない程度の報連相など)

「時間管理のマトリクス」という方法ですが、自分の業務がそれぞれ
何処に当てはまるのかを整理するといいです^^

# by neon37564 | 2019-10-16 08:56 | Comments(0)

長野県岡谷市の岡谷市民整骨院院長、中村駿一の「人間性」と共に、世の様々な苦難に触れていくブログ


by しゅんいち
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る